スライド #09

advertisement
英米法
最近の連邦最高裁判決から見るアメリカ法の動向
#09 S. Union Co. v. U.S.
2012年12月26日
北海道大学大学院法学政治学研究科(法科大学院・法学政治学専攻)
会沢 恒 (北海道大学)
2
Southern Union Co. v. United States, 132 S. Ct. 2344
(2012)
司法制度 > 陪審
刑事法 > 量刑
3
4
答弁取引plea bargaining
– See, e.g., Fed. R. Crim. P. 11(c)
検察官:
– ①被疑事実の一部の不起訴
– ②軽い罪での起訴
– ③軽い刑の勧告etc.
→被告人:有罪の答弁(への切り替え)
Right to effective assistance; ineffective assistance
claim
5
陪審裁判を受ける権利
大陪審/起訴陪審grand juryと小陪審petty jury
連邦憲法
州憲法
連邦裁・大陪審
○(第5修正)
-
連邦裁・刑事小陪審
○(第6修正)
-
連邦裁・民事小陪審
○(第7修正)
-
州裁・大陪審
×
△
州裁・刑事小陪審
○(第6修正を編入)
○
州裁・民事小陪審
×
○
6
U.S. Const. amend. VI
“In all criminal prosecutions, the accused shall
enjoy the right to a speedy and public trial, by an
impartial jury of the state and district wherein the
crime shall have been committed, which district
shall have been previously ascertained by law, and
to be informed of the nature and cause of the
accusation; to be confronted with the witnesses
against him; to have compulsory process for
obtaining witnesses in his favor, and to have the
assistance of counsel for his defense.”
Fair cross-section of the community
合理的な疑いを入れない証明proof beyond a
reasonable doubt
7
U.S. Const. amend. VII
“In suits at common law, where the value in
controversy shall exceed twenty dollars, the right of
trial by jury shall be preserved, and no fact tried
by a jury, shall be otherwise reexamined in any
court of the United States, than according to the
rules of the common law.”
○コモンロー上の訴訟 ←→ ×エクイティ上の訴訟
8
裁判官による陪審のコントロール手段
証拠の許容性の判断
説示instruction, charge
個別評決special verdict、質問事項に対する回答付きの
一般評決general verdict accompanied by answer to
interrogatories
9
陪審の領域
1名の裁判官 + 12名の陪審
「事実問題は陪審に、法律問題は裁判官に」
– →機能アプローチ
罪責の認定は陪審に、量刑は裁判官に
– ※トライアルとは区別された量刑手続
– ←「政策判断policy judgment」としての量刑
→動揺
10
Apprendi & its progeny
Apprendi v. N.J., 530 U.S. 466, 120 S. Ct. 2348
(2000)
– 法定刑の上限を引き上げる事実は陪審によって認定されなけ
ればならない
– ヘイトクライム(hate crime)の事例
– “Other than the fact of a prior conviction, any fact that
increases the penalty for a crime beyond the prescribed
statutory maximum must be submitted to a jury, and
proved beyond a reasonable doubt. ”
Cf. Harris v. United States, 536 U.S. 545, 122 S. Ct.
2406 (2002)
– 法定刑の下限を引き上げる事実については陪審による認定
は要求されない
– 薬物(drug)規制の事例
11
Apprendi ルール②:死刑の場合
– Cf. Furman v. Ga., 408 U.S. 238 (1972)
Gregg v. Ga., 428 U.S. 153 (1976)
– 死刑の(制度自体の)合憲性の確認
– Cf. Woodson v. N.C., 428 U.S. 280 (1976)
– →二段階審理・指針つき裁量制の一般化
• まず、第一級謀殺(first degree murder)での有罪を認定
• +一つ以上の加重事由の認定
Ring v. Ariz., 536 U.S. 584 (2002)
– 死刑にするために認定されなければならない加重事由を裁判
官が認定する死刑制度は違憲
12
U.S. Const. amend. VIII
“Excessive bail shall not be required, nor excessive
fines imposed, nor cruel and unusual
punishments inflicted.”
13
Apprendiルール③:量刑ガイドライン
量刑ガイドラインsentencing guideline
Blakely v. Wash., 542 U.S. 296 (2004)
– ワシントン州量刑ガイドラインに基づいて、陪審によって認定
されていない事情に基づいて加重された刑期の宣告は違憲
United States v. Booker, 543 U.S. 220 (2005)
– 連邦量刑ガイドラインを一部違憲無効・合憲限定解釈
– ガイドラインは勧告的なものに過ぎず、裁判官を拘束しない
14
Apprendiルール④:その後の展開
Cunningham v. Cal., 549 U.S. 270 (2007)
– カリフォルニア州の3段階固定量刑スキーム
– “high”←加重事由の認定
– この加重事由を裁判官が認定するのは×
Ore. v. Ice, 555 U. S. 160 (2009)
– 併合罪に対する複数の拘禁刑については原則として並列(同
時)執行だが、一定の事実があれば逐次(連続)執行すること
も認めるオレゴン州のスキーム
– この事実は陪審ではなく裁判官が決定してもよい
15
S. Union Co. v. U.S.:事案
S. Union. Co.:天然ガスの小売業者
– 水銀化合物を許可なしに保管
– “[f]rom on or about September 19, 2002 until on or about
October 19, 2004”
→連邦環境法違反(Conservation and Recovery Act of 1976)
– 罰金:$50000/日 ×762日 = $3810万
→【被告】陪審による日数の認定が不十分
– 始期が不確定
– 説示では一日でも違反があれば有罪とされていた
【争点】Apprendiルールは罰金についても適用されるか
16
S. Union Co. v. U.S.:法廷意見
Apprendiルールは罰金についても適用される
– 罰金を包含しない理由はない
• 独立期でも現在でも罰金はありふれた刑罰
• 罰金が特定の事実に基づいて算出される例も多い
– 全ての罰金が “petty” とはいえない
• “Where a fine is substantial enough to trigger that [Sixth
Amendment’s] right, Apprendi applies in full.”
• 本件はまさしくそうした例
– 歴史上、裁判官が罰金を算定してきた例も、陪審による認定
で画された上限の範囲内
– 「構成要件要素」と「量刑事情」の区別は既に否定されている
– 単なる「被害の量的評価」とはいえない
17
S. Union Co. v. U.S.:反対意見①
– 歴史的に「構成要件要素」と「量刑事情」とは区別されてきた
– 量刑の統一性の追求→量刑ガイドライン=量刑事情の制定
法化 → なぜこれが新しい権利を創設するのか?
• 量刑事情を構成要件要素として/的に取り扱うのは不公正をもたらす
– 裁判官が量刑事情を認定してきたとの歴史理解
18
S. Union Co. v. U.S.:反対意見②
本件で問題となっているのは構成要件要素ではなく量刑
事情
法定刑の上限を引き上げるあらゆる事実関連の判断が
Apprendiルールの対象となるわけではない
コモンローにおいては、裁判官が関連事情を認定して罰
金を算定していた
– 量刑事情の主たるものは犯罪行為の「態様」
– 第6修正の射程に罰金の算定は含んでいなかった
法定刑の結論は量刑の統一への努力の妨げとなる
– 特に法人処罰
– 違法行為からの「利得」や「違反期間」に関連づける刑罰
19
他の領域では?
Markman v. Westview Instruments, Inc., 517 U.S. 370 (1996)
– 特許クレームの解釈は陪審ではなく裁判官が行う
– 陪審が判断するのは侵害の有無(と賠償額)
Cooper Indus., Inc. v. Leatherman Tool Group, Inc., 532 U.S.
424 (2001)
– BMW of N. Am., Inc., v. Gore, 517 U.S. 559 (1996)
• 過大な懲罰的賠償は第14修正のDue Process条項違反になりうる
• Cf. State Farm Mut. Auto. Ins. Co. v. Campbell, 538 U.S. 408 (2003);
Philip Morris USA v. Williams, 549 U.S. 346 (2007)
– 懲罰的賠償の額についてGore判決に基いて上級審が審査する場合の基
準は、事実審に裁量の逸脱(abuse of discretion)があったかの基準では
なく、覆審的審査(de novo review)による
– Cf. Gasperini v. Ctr. for Humanities, Inc., 518 U.S. 415 (1996)
Download
Related flashcards

Crimes

37 cards

Non-lethal weapons

21 cards

Criminology

21 cards

Law enforcement

20 cards

Criminology

31 cards

Create Flashcards