University Operating Grant Reform Hideaki TANAKA Japan's Issues, Overseas Case Studies-

advertisement
University Operating
Grant Reform
-Japan's Issues, Overseas Case Studies30 / 6 / 2008
Hideaki TANAKA
Hitotsubashi University
Institute of Economic Research
1
R e s e a r c h
t h e m e
Government's "Strategic Plan 2007" (June 2007)
(1)Operating grant should be allocated to universities
based on their efforts and performances on the next
medium-term plan starting in FY2010
(2)The allocation will be done from the point of efforts
for education and research, and internal management
reform
Identify agenda and strategy for reform of
operating grant funding system with
analyzing the possibility of performance
-based funding in Japan
2
Outline
1. Current system of operating
grant funding and its problems
2. Current system of education and
research evaluation and problems
3. Funding systems among major
OECD countries
4. Simulation of new funding rules
5. Conclusion
3
1.1 Current structure of operating grant
FY2006 Budget Total 1,221.5 billion yen
A: General grant
955.8 billion yen (78.2%)
B
C
D
B: Special allowance
C: special grant to enhance
education and research
D: Grant for hospital
Budget figures for grant
FY2004 1,241.6 billion yen
FY2007 1,231.7
(-0.8%)
FY2006 1,221.5
(-0.8%)
FY2007 1,204.4
(-1.4%)
FY2008 1,181.3 (-1.9%) + own revenue 999.5 billion yen
4
1.2 Funding rule of operating grant
Total grant for each university =
+ General grant (administration
+ education & research +others)
+ Special allowance + special grant to enhance
education & research + grant for hospital
- own revenue
Education & research = previous year’s
×α×β×γ
α:efficiency coefficient
β:education & research coefficient
γ:organizational coefficient
5
1.3 Line-item budget in old days
Structure of budget of national university from FY1964
when its special account was established
1. Expense for administration and management
2. Expense for education and research
General portion
based on number of teachers by type
based on number of students
Special grant for education and research
※General portion abolished in FY2000
Double structure
1.research university, graduate university
2.education university, undergraduate university
6
1.4 Problems of current funding rule
Current funding inherits old funding rule,
namely related to number of teachers
Cannot assess equity and rationality of funding
1. Not transparent on funding process
2. Not fair and equitable competitive environment
3. No incentive for improve efficiency and quality
7
2.1 National university and evaluation
1. Self Check-up Evaluation (School Education Law)
2. Accreditation assessment (SE Law, every 7 years)
3. Corporate evaluation (Corporatized National
University Law)
(1) Annual evaluation (performance measurement)
(2) Overall evaluation for medium-term plan
(to what extent goals are achieved)
8
2.2 Time frame for overall evaluation
FY2007
4th year
FY2008
5th year
FY2009
6th year
FY2010
1st year
University /
performance
report
Accreditation & Evaluation
Agency / education and
research evaluation
Results should be
linked to funding
on the next
Medium-term plan
University Evaluation
Committee / Overall
evaluation
9
2.3 What are evaluated as overall evaluation
1. Quality of education and research
2. Improvement and efficiency in management
3. Improvement in financial position
4. Self-check up and assessment, reporting
5. Others (capital management, security)
(1)Education : ①Organization and implementation
②Contents ③Method ④Achievements ⑤Employment
(2)Research : ①Research activity and implementation
②Performance and result
10
2.4 Example of assessment
[Quality of education] Self-evaluation + Accreditation Agency
・Score for each 5 items : ①much better than expected result
②better than expected ③on average ④worse than expected
4 grades score (case of self-evaluation)
・Evidence data to support the above evaluation required
(eg: number of students and teachers, number of degree,
employment)
[Management] Self-evaluation + Univ. Evaluation Committee
・Score for to what extent goals are achieved : ①excellent
②better ③good ④not enough ⑤improvement required
5 grades score (Univ. Evaluation Committee)
11
2.5 Problems of education and research evaluation
1. Increase in paper work
(a number of evaluation items, most of them qualitative
and abstractive)
2. Indictors presented when the game is almost over
3. Almost no indicators to assess across universities
(assess to what extent qualitative goals, mainly related to process
are achieved )
4. Basics of evaluation, namely “Logic Model” not
applied
Is the current evaluation sufficiently
credible for resource allocation ?
12
3.1 Funding rules of general grant among OECD
LineBlock
item
Formula
Negotiat Incremental Indicator
ion
-based
Education
research
together
Education
research
separated
Japan
(Old
System)
Japan
(general
grant)
Germany
(states)
US (states)
Competitive
Negotiation
Performance
-based
Germany(some
states)
US(some states
Finland
Japan (special
grant)
Finland
(development
Ed/Australia Ed&Re/ Au
Ed/UK
Re/UK
Ed/Nether
Re/Netherlands
Ed/France
Ed&Re/
Sweden
13
3.2 Performance-based funding in state governments, US
Survey
Number
1997
10
(20%)
2001
19
(38%)
States which introduce performance-based funding
Colorado, Connecticut, Florida, Kentucky, Minnesota,
Missouri, Ohio, South Carolina, Tennessee, Washington
Arkansas, California, Colorado, Connecticut, Florida,
Idaho, Illinois, Kansas, Louisiana, Missouri, New Jersey,
New York, Ohio, Oregon, Pennsylvania, South Carolina,
South Dakota, Tennessee, Texas
Burke (2002)
1. Tennessee, pioneer of p-based funding in 1978, its number increasing but
some states abolished (Some states such as Tennessee and Missouri
continuously implementing)
2. Amount of dollar for p-based funding , at maximum, 5% of the total general
grant
3. The number and type of performance indicators vary from state to state,
in South Carolina, the number 14, score for each indictor graded with
1, 2 and 3, then average score calculated, universities grouped into 5 based
on the average score, amount of grant adjusted with this final result
14
3.3 Major education and research grants in Australia
Comprehensive reform undergoing by Higher Education Support Act 2003
[Education: Commonwealth Grant Scheme (CGS)]
・New funding rule since 2005
・Every year the number of students supported by the government is decided
by the negotiation between the government and university, and agreement
is made with some flexible measures for over or under enrollment)
・Grant for each university is calculated by multiplying student numbers with
government contribution (unit cost) by type of subjects
[Education: Learning and Teaching Performance Fund (LTPF)]
・Performance-based funding newly introduced in 2006
[Research: Research Training Scheme (RTS)]
・Funding based on indicators (number of papers, research revenue, number
of degrees ), 8 universities get 70% of the total fund
・New funding rule will be introduced in 2009 with focus on research quality
15
3.4 How to allocate money in LTPF
(1) 7 performance indicators by 4 subjects (health, humanities, law & economics,
science)
Satisfaction : ①graduate generic skills, ②graduate good teaching,
③overall graduate satisfaction
Outcomes: ④full-time employment, ⑤part or full-time further study
Success: ⑥progress rate, ⑦retention rate
(2) Adjusted indicators calculated by regression analysis and other technique
to control external factors such as unemployment rate,
then standardization of adjusted indicators to produce composite indices
(3)Expert Panel reviews the results and provide a report to the Minister and
makes recommendations on specific amounts of funding for each university
(4)The minister makes the final decision
[Funding result for FY2006]
the total amount 54 million AU dollars(2% of CGS)
13 universities out of 40 received (1.1~10.4 million AU $)
16
3.5 Issues of CGS and lessons
1. Reviews including public consultations were done in 2006, then the
some improvements were included in FY2007 Budget, for instance, the
number of subjects which is used for the allocation was reduced from 14
to 7 (more flexible), penalty for excess enrollment was eliminated
2. It is criticized the amount of CGS cannot catch up the increase in wages
price, although it increases every year.
3. The government's contribution which is taken as a unit cost by subject
doesn't mean the full cost of teaching. The ratio of contribution to the
teaching cost varies from subject to subject, but it is estimated 70%
on average in University of New South Wales
It seems difficult that the amount of operating grant is indexed
to the increase in wages or price because the total resource is
decided politically in the budget process. The structure of
teaching cost varies from university to university.
In this context, it is rational and transparent to allocate
resources based on the relative cost by subject and the number
of students.
17
3.6 Issues of LTPF and lessons
1. LTPF was allocated in 2006, 2007 and 2008. It is improving every year
because a number of public consultations are done
2. The technical problems include (1)he difficulty to measure the quality of
teaching, the credibility of surveys to measure students satisfaction,
(2)side effects and manipulation of evaluation
3. It is suggested that the resource allocation should be done based on to
what extent the teaching performance is improved, rather than the level
of it, and the amount of allocation is volatile every year
At the moment, there is little decisive evidence that LTPF contributes to
the improvement in teaching performance, but most of stakeholders think
LTPF results in that people focus on how to improve the quality of teaching
and how to improve it (eg. guidance and training program for teachers)
※Australia has been developing about 300 performance indicators
including raw and adjusted on students, teachers, finance, research and
outcomes since the beginning of 1990s
18
3.7 Performance of performance-based funding
[Burke and Modarresi (2000)]
・In the US, views on performance-based funding are divided
・The goal of accountability moved from accounting for expenditure to demonstrating
performance in the mid-1980s
・The lack of agreement on the means of assessing students' achievements
・Stressed efficiency and quality and slighted equity and choice indicators
・The importance of adopting enough but no too many indicators
・Dilemma of performance funding, its desirability and its difficulty
[Morgan (2004)]
・There has been relatively little opposition to the research assessment exercise
・However, the high cost in time as well as money in preparing submissions
[Liefner (2003)]
・A number of interviews with universities in Switzerland , UK and USA
・The link between performance-based budgeting resource and the success of
universities must be weak
・Universities with a large number of highly motivated and qualified faculty will be
successful regardless on the form of resource allocation
・Help to adjust the organizational structure of universities more quickly to emerging
needs and opportunities
19
4.1 Previous researches on funding simulations
Shima(2003)"Funding Rule of National University"
・Estimated allocations based on proposed funding rule before corporatization
・Confirmed proposed funding rule doesn't make a significant difference
in terms of amount of money
・If "Education expense" for FY1998 are allocated based on the number of
students and unit cost by subject, the estimated allocation differs from the
actual allocation by 37% on average
Yoshida (2003)"Funding System of University Grant"
・Current expense excluding salary for FY1996 allocated based on the number
of students and unit cost by subjects
・Losers: regional large universities, new medical college, new teaching college
Winners: newly established universities, old teaching college
20
4.2 Purpose of simulation and assumptions
1. Estimate allocations for each university based on
indicators-based rule and performance-based rule
2. Analyze to what extend the new allocation differs
from the actual one, then the relationship between
various funding rule and allocation results
[Some assumptions]
①Original data taken from each university's final accounts for FY2006,
estimate expenditure for teaching and that for research excluding
hospitals
②Convert above figures to expenditures in terms of budget base, then
obtain the total expenditure for teaching and research respectively
21
4.3 Simulation for teaching grant
Sim1 : Number of students
①Estimate a unit cost per student by dividing the total teaching expenditure of a
single subject college with her number of students, then get the average
②Estimate the adjusted number of students by multiplying the number of students
with a unit cost by 4 subjects
③Get the new allocation by multiplying the total teaching expenditure with the ratio
of the adjusted number (②) to the total adjusted number of students
Sim2 : Performance-based
①Score each university performance with 4 grades based on 3 indicators(Ratio of
increase in teaching expenditure,FY2004→06, Teaching expenditure per student,
FY2006, Number of GP award, FY2003~07)
②Multiplying the adjusted number of students with the weight of 120%, 100%, 50%
and 0% according to performance produces the performance-adjusted number of
students, then allocate the total teaching expenditure into each university
Sim3 : Student 90% + performance 10%
22
4.4 Teaching unit cost by subjects
(thousands yen)
All relevant universities
Subject
No of U Lowest
Humanities
Highest
Simulation
Average No of U Average
8
428
1,607
784
6
526
Science
12
348
1,617
783
6
629
Education
11
728
2,000
1,136
11
1,136
4
1,042
1,354
1,177
4
1,177
Medical
23
0.6
0.4
0.2
埼
和
玉
歌
国
大
大
山
立
学
学
大
大
学
岡
大
浜
宮
横
城
静
都
学
大
学
学
学
茨
子
宇
女
大
学
大
子
大
学
女
茶
島
学
大
球
大
学
の
児
大
良
琉
崎
大
手
鹿
分
奈
宮
本
学
学
高
島
媛
知
大
大
大
大
大
学
学
学
学
学
お
大
大
大
岩
熊
賀
崎
愛
口
川
島
取
根
大
大
大
学
学
学
学
学
学
長
水
学
学
佐
香
鳥
重
大
山
徳
三
阜
学
学
岐
大
学
学
大
大
井
大
大
沢
梨
福
馬
学
学
州
金
大
山
群
形
信
山
大
学
大
学
前
学
田
大
弘
島
学
城
教
育
大
学
大
学
学
学
大
学
大
大
病院無総合大学
Univ. with
medical
Univ. without
medical
Regional
Science Humanities Medical Education
large Univ. Col
Col.
Col.
Col.
秋
広
大
学
学
大
大
学
戸
大
山
育
大
岡
育
神
教
芸
大
学
学
教
大
学
阪
学
育
大
育
大
知
教
大
大
京
教
育
葉
愛
岡
教
道
潟
東
海
新
福
都
千
北
宮
学
京
学
学
学
大
学
学
大
大
育
大
学
大
育
科
育
教
科
大
育
教
歯
教
庫
医
科
教
門
医
越
兵
賀
医
良
鳴
松
奈
滋
京
大
-0.8
病 院 有 総 合 大 学
教育大学
医科系系大学
上
浜
学
東
大
学
学
大
学
語
大
学
科
大
商
科
学
科
大
術
樽
学
国
芸
島
外
学
医
小
大
大
京
福
賀
阪
学
川
大
大
旭
滋
橋
東
一
大
大
学
学
大
科
学
学
語
大
科
大
学
育
技
術
学
術
学
洋
学
国
技
大
学
外
橋
海
業
学
体
岡
大
屋
豊
京
産
大
京
長
畜
工
大
鹿
東
広
屋
信
業
東
帯
古
業
維
大
学
名
通
工
学
工
気
蘭
繊
学
見
電
北
室
大
学
大
大
工
芸
学
工
業
都
農
学
業
工
京
京
工
州
東
京
九
東
学
道
学
大
大
学
大
大
州
都
大
屋
阪
古
大
京
京
九
名
北
学
東
海
波
北
-0.4
理工系中心大学 人文系大学
旧帝大等
-0.6
筑
-0.2
東
0
増 減 率 (配 分 額 - 決 算 )/ 決 算
4.5 Simulation 1 : Number of Students
教育経費シミュレーション(学生数基準)
1.2
1
0.8
24
0.5
和
岡
玉
歌
国
大
大
山
立
学
学
大
学
浜
大
学
大
埼
横
城
宮
静
茨
大
学
都
大
学
大
手
茶
島
学
学
宇
球
大
岩
お
児
大
水
琉
崎
子
鹿
分
学
の
宮
大
学
女
大
本
大
良
熊
崎
奈
長
学
学
学
大
学
大
大
学
賀
島
大
学
学
佐
口
大
学
徳
根
大
学
大
山
取
大
学
知
島
重
大
高
鳥
大
学
学
学
三
阜
大
学
大
岐
梨
州
大
大
信
井
大
媛
山
沢
学
学
川
福
馬
大
大
香
金
形
愛
群
前
田
大
学
学
学
山
島
大
弘
秋
広
大
学
大
学
女
大
学
学
学
子
学
大
学
学
山
大
学
戸
大
神
潟
大
岡
新
葉
学
波
学
千
大
筑
大
学
大
学
育
学
学
育
芸
大
学
大
学
教
大
学
大
教
育
大
育
道
育
大
育
岡
京
教
育
教
海
教
育
教
福
東
都
教
知
北
城
教
阪
京
良
大
宮
越
愛
上
奈
学
学
学
大
学
大
大
科
大
科
育
医
育
医
学
科
教
賀
歯
学
教
松
科
大
門
滋
医
科
庫
浜
京
医
兵
東
川
学
鳴
旭
大
大
学
大
学
大
大
術
語
科
学
国
商
大
外
学
学
芸
島
阪
大
大
樽
賀
京
福
大
橋
小
滋
学
東
一
学
大
学
学
学
語
学
大
大
育
大
国
学
体
科
学
学
外
術
科
大
京
技
術
洋
屋
橋
技
海
鹿
豊
岡
京
東
長
東
学
学
学
学
大
大
大
大
学
業
信
業
学
大
通
工
大
学
学
維
産
蘭
大
繊
学
工
気
業
大
屋
室
工
業
芸
大
畜
電
見
工
工
工
古
北
州
都
農
学
業
広
九
京
京
工
名
東
京
帯
東
学
大
学
学
大
学
州
大
阪
屋
大
大
古
都
九
名
京
学
学
大
大
大
道
北
海
京
北
Univ. without
medical
Univ. with
medical
Regional
Science Humanities Medical Education
large Univ. Col
Col.
Col.
Col.
病院無総合大
学
病院有総合大学
教育大学
医科系大学
人文系大学
旧帝大
理工系中心大
学
-1.5
東
-0.5
東
0
増 減 率 (配 分 額 - 決 算 )/ 決 算
4.6 Simulation 2 : Performance-based
教育経費シミュレーション(業績基準)
1.5
1
-1
25
0.6
0.4
0.2
埼
和
玉
歌
大
山
立
学
学
大
大
学
大
大
国
宮
岡
城
浜
都
横
茨
学
静
宇
子
学
大
学
大
女
女
大
の
良
手
茶
奈
お
学
岩
大
学
水
学
学
学
大
大
学
島
崎
大
学
児
宮
分
大
学
球
大
本
大
鹿
熊
崎
学
琉
長
大
学
学
賀
大
学
佐
大
学
学
川
大
学
大
島
大
大
香
口
大
知
徳
根
学
媛
山
取
学
学
愛
島
大
高
鳥
大
大
学
学
州
大
大
重
梨
学
学
阜
井
大
学
三
山
大
岐
福
沢
大
信
金
形
学
学
馬
大
山
田
群
秋
学
学
子
学
学
学
大
学
大
大
前
学
大
島
学
大
弘
育
広
育
学
大
芸
学
教
大
教
山
葉
学
大
学
岡
阪
大
大
知
育
大
千
京
教
育
戸
大
教
潟
愛
道
新
東
海
岡
神
北
福
宮
良
城
教
教
教
教
科
育
育
育
育
育
歯
大
大
大
大
大
大
大
学
学
科
学
学
学
学
学
学
学
学
奈
越
教
科
大
大
上
門
庫
医
大
育
兵
医
科
学
科
教
鳴
松
賀
医
術
都
滋
京
芸
医
京
浜
川
学
大
学
外
大
学
学
国
学
語
語
大
大
学
学
大
島
大
国
東
京
大
福
賀
阪
外
大
旭
科
大
橋
東
商
滋
京
樽
一
Univ. without
medical
Univ. with
medical
Regional
Science Humanities Medical Education
large Univ. Col
Col.
Col.
Col.
病院無総合大学
病院有総合大学
教育大学
医科系大学
人文系大学
小
東
大
学
大
大
学
学
大
科
学
学
育
大
科
体
技
屋
海
大
学
鹿
岡
大
技
京
産
橋
長
畜
豊
東
広
術
学
術
学
洋
帯
学
学
業
維
学
工
大
屋
大
古
繊
名
業
学
業
大
工
大
工
工
信
見
業
州
学
学
通
都
大
大
工
北
芸
学
工
気
九
農
学
業
蘭
京
京
工
電
東
京
学
室
東
大
学
学
大
大
学
州
大
学
阪
都
屋
学
大
京
古
大
九
名
大
大
学
波
大
京
道
筑
北
東
海
-0.4
理工系中心大学
旧帝大等
-0.6
北
-0.2
東
0
増 減 率 (配 分 額 - 決 算 )/ 決 算
4.7 Simulation 3 : Students 90% + performance 10%
教育経費シミュレーション(学生数90%+業績10%)
1.2
1
0.8
-0.8
26
4.8 Findings in the simulations
1. In the case of the number of students, lower a unit cost than
the national average. more resource allocation.
the rate of deviation from the actual allocations varies by types
of universities, in particular colleges for education it is high
Average rate of deviation
Humanities: △17% Science: △15% Regional large
universities: △11% Medical: △8% Local universities: +5%
Education: +30%
2. In the case of education performance, the number of
universities which lost money is larger than that in the case of
student number, and winners are spread over nationally
27
4.9
Simulation for research grant
Sim1 : Number of teachers
○Allocate resources based on the number of teachers adjusted by the unit cost of
research by subjects
Sim2 : Teachers + doctoral students
Sim3 : Research revenue from "Competitive Grant"
○Allocate based on the average share of research revenue(FY2004~06)
Sim4 : Research performance
○Allocate based on two indicators (research revenue per teacher, number of
citation) which classify universities into 4 grades
Sim5 : Teachers 50% + performance 50%
Sim6 : Actual grant 50% + performance 50%
28
4.10 research unit cost by subject
(thousands yen)
All relevant universities
Subject
No of U Lowest
Humanities
8
2,393
Highest
Simulation
Average No of U Average
5,712
4,050
6
3,548
Science
12
7,034 13,978
9,225
6
7,885
Education
11
2,389
5,222
4,236
11
4,236
7,036 10,462
9,122
4
9,122
Medical
4
29
0.8
0.6
0.4
0.2
大
学
学
立
学
大
学
子
水
学
大
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
育
育
芸
育
教
育
育
育
育
育
育
科
科
科
科
術
科
学
国
学
学
国
育
術
術
洋
産
工
業
信
業
業
芸
工
業
学
学
学
大
学
学
学
大
学
大
学
大
女
学
学
学
学
学
大
学
学
学
学
学
学
学
学
科
学
学
学
学
子
大
大
大
大
育
大
大
大
大
大
大
大
大
歯
大
大
大
大
学
語
大
学
学
学
学
学
大
学
学
学
学
維
学
学
大
学
大
学
学
大
大
学
大
学
学
学
学
学
Univ. without
medical
Univ. with
medical
Regional
Science Humanities Medical Education
large Univ. Col
Col.
Col.
Col.
病院無総合大学
病院有総合大学
教育大学
人文系大学
理工系中心大学
旧帝大等
語
大
科
科
大
大
業
大
大
大
大
繊
大
大
学
学
-0.6
山
大
大
国
大
宮
大
女
の
大
島
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
教
教
学
教
道
教
教
教
教
教
教
医
医
医
医
芸
商
大
外
大
大
外
体
技
技
海
畜
屋
工
通
工
工
工
農
工
大
大
大
屋
大
大
大
道
-0.4
歌
玉
岡
浜
城
都
手
良
茶
球
児
崎
分
本
崎
賀
知
媛
川
島
口
根
取
重
阜
州
梨
井
沢
馬
形
田
前
島
山
戸
潟
葉
阪
知
京
岡
海
都
城
良
越
庫
門
賀
松
京
川
京
樽
島
阪
賀
橋
京
屋
橋
岡
京
広
古
蘭
気
見
州
都
京
京
州
阪
都
古
京
波
北
海
-0.2
和
埼
静
横
茨
宇
岩
奈
お
琉
鹿
宮
大
熊
長
佐
高
愛
香
徳
山
島
鳥
三
岐
信
山
福
金
群
山
秋
弘
広
岡
神
新
千
大
愛
東
福
北
京
宮
奈
上
兵
鳴
滋
浜
東
旭
東
小
福
大
滋
一
東
鹿
豊
長
東
帯
名
室
電
北
九
京
東
東
九
大
京
名
東
筑
東
北
0
増 減 率 (配 分 額 - 決 算 )/ 決 算
4.11 Simulation 1 : Number of teachers
研究経費シミュレーション(教員数基準)
1.2
1
医科系大学
30
0.6
0.4
0.2
山
大
大
国
大
宮
大
女
の
大
島
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
教
教
学
教
道
教
教
教
教
教
教
医
医
医
医
芸
商
大
外
大
大
外
体
技
技
海
畜
屋
工
通
工
工
工
農
工
大
大
大
屋
大
大
大
道
大
学
学
立
学
大
学
子
水
学
大
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
育
育
芸
育
教
育
育
育
育
育
育
科
科
科
科
術
科
学
国
学
学
国
育
術
術
洋
産
工
業
信
業
業
芸
工
業
学
学
学
大
学
学
学
大
学
学
大
大
女
学
学
学
学
学
大
学
学
学
学
学
学
学
学
科
学
学
学
学
子
大
大
大
大
育
大
大
大
大
大
大
大
大
歯
大
大
大
大
学
語
大
学
学
学
学
学
大
学
学
学
学
維
学
学
大
学
大
学
学
大
大
学
大
学
学
学
学
学
Univ. without
medical
Univ. with
medical
Regional
Science Humanities Medical Education
large Univ. Col
Col.
Col.
Col.
病院無総合大学
病院有総合大学
教育大学
人文系大学
理工系中心大学
旧帝大等
語
大
科
科
大
大
業
大
大
大
大
繊
大
大
学
学
-0.4
歌
玉
岡
浜
城
都
手
良
茶
球
児
崎
分
本
崎
賀
知
媛
川
島
口
根
取
重
阜
州
梨
井
沢
馬
形
田
前
島
山
戸
潟
葉
阪
知
京
岡
海
都
城
良
越
庫
門
賀
松
京
川
京
樽
島
阪
賀
橋
京
屋
橋
岡
京
広
古
蘭
気
見
州
都
京
京
州
阪
都
古
京
波
北
海
-0.2
和
埼
静
横
茨
宇
岩
奈
お
琉
鹿
宮
大
熊
長
佐
高
愛
香
徳
山
島
鳥
三
岐
信
山
福
金
群
山
秋
弘
広
岡
神
新
千
大
愛
東
福
北
京
宮
奈
上
兵
鳴
滋
浜
東
旭
東
小
福
大
滋
一
東
鹿
豊
長
東
帯
名
室
電
北
九
京
東
東
九
大
京
名
東
筑
東
北
0
増 減 率 (配 分 額 - 決 算 )/ 決 算
4.12 Simulation 2 : Teacher + doctoral
研究経費シミュレーション(教員数+博士課程学生数)基準
1
0.8
医科系大学
-0.6
31
0.4
0.2
歌
玉
岡
浜
城
都
手
良
茶
球
児
崎
分
本
崎
賀
知
媛
川
島
口
根
取
重
阜
州
梨
井
沢
馬
形
田
前
島
山
戸
潟
葉
阪
知
京
岡
海
都
城
良
越
庫
門
賀
松
京
川
京
樽
島
阪
賀
橋
京
屋
橋
岡
京
広
古
蘭
気
見
州
都
京
京
州
阪
都
古
京
波
北
海
大
学
学
立
学
大
学
子
水
学
大
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
育
育
芸
育
教
育
育
育
育
育
育
科
科
科
科
術
科
学
国
学
学
国
育
術
術
洋
産
工
業
信
業
業
芸
工
業
学
学
学
大
学
学
学
大
学
大
学
大
女
学
大
大
大
大
育
大
大
大
大
大
大
大
大
歯
大
大
大
大
学
学
学
学
大
学
学
学
学
学
学
学
学
科
学
学
学
学
子
語
大
学
学
学
学
学
大
学
学
学
学
維
学
学
大
学
大
学
学
大
大
学
大
学
学
学
学
学
Univ. without
medical
Univ. with
medical
Regional
Science Humanities Medical Education
large Univ. Col
Col.
Col.
Col.
学
語
大
科
科
大
大
業
大
大
大
大
繊
大
大
学
-0.6
学
-0.4
山
大
大
国
大
宮
大
女
の
大
島
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
教
教
学
教
道
教
教
教
教
教
教
医
医
医
医
芸
商
大
外
大
大
外
体
技
技
海
畜
屋
工
通
工
工
工
農
工
大
大
大
屋
大
大
大
道
-0.2
病院無総合大学
病院有総合大学
教育大学
人文系大学
理工系中心大学
旧帝大等
0.8
和
埼
静
横
茨
宇
岩
奈
お
琉
鹿
宮
大
熊
長
佐
高
愛
香
徳
山
島
鳥
三
岐
信
山
福
金
群
山
秋
弘
広
岡
神
新
千
大
愛
東
福
北
京
宮
奈
上
兵
鳴
滋
浜
東
旭
東
小
福
大
滋
一
東
鹿
豊
長
東
帯
名
室
電
北
九
京
東
東
九
大
京
名
東
筑
東
北
0
増 減 率 (配 分 額 - 決 算 )/ 決 算
4.13 Simulation 3 : Research revenue
研究経費シミュレーション(科研費基準)
0.6
医科系大学
-0.8
-1
32
0.5
歌
玉
岡
浜
城
都
手
良
茶
球
児
崎
分
本
崎
賀
知
媛
川
島
口
根
取
重
阜
州
梨
井
沢
馬
形
田
前
島
山
戸
潟
葉
阪
知
京
岡
海
都
城
良
越
庫
門
賀
松
京
川
京
樽
島
阪
賀
橋
京
屋
橋
岡
京
広
古
蘭
気
見
州
都
京
京
州
阪
都
古
京
波
北
海
山
大
大
国
大
宮
大
女
の
大
島
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
教
教
学
教
道
教
教
教
教
教
教
医
医
医
医
芸
商
大
外
大
大
外
体
技
技
海
畜
屋
工
通
工
工
工
農
工
大
大
大
屋
大
大
大
道
医科系大学
1
学
大
学
学
学
学
学
学
大
学
学
学
学
学
学
学
学
科
学
学
学
学
子
大
学
大
女
語
大
大
大
大
育
大
大
大
大
大
大
大
大
歯
大
大
大
大
学
学
学
学
学
大
学
学
学
学
維
学
学
大
学
大
学
学
大
大
学
大
学
学
学
学
学
Univ. without
medical
Univ. with
medical
Regional
Science Humanities Medical Education
large Univ. Col
Col.
Col.
Col.
病院無総合大学
病院有総合大学
教育大学
人文系大学
理工系中心大学
旧帝大等
語
大
科
科
大
大
業
大
大
大
大
繊
大
大
学
学
-1
大
学
学
立
学
大
学
子
水
学
大
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
育
育
芸
育
教
育
育
育
育
育
育
科
科
科
科
術
科
学
国
学
学
国
育
術
術
洋
産
工
業
信
業
業
芸
工
業
学
学
学
大
学
学
学
大
-0.5
和
埼
静
横
茨
宇
岩
奈
お
琉
鹿
宮
大
熊
長
佐
高
愛
香
徳
山
島
鳥
三
岐
信
山
福
金
群
山
秋
弘
広
岡
神
新
千
大
愛
東
福
北
京
宮
奈
上
兵
鳴
滋
浜
東
旭
東
小
福
大
滋
一
東
鹿
豊
長
東
帯
名
室
電
北
九
京
東
東
九
大
京
名
東
筑
東
北
0
増 減 率 (配 分 額 - 決 算 )/ 決 算
4.14 Simulation 4 : Research performance
研究経費シミュレーション(2指標成果基準)
1.5
-1.5
33
0.4
0.2
大
学
学
立
学
大
学
子
水
学
大
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
育
育
芸
育
教
育
育
育
育
育
育
科
科
科
科
術
科
学
国
学
学
国
育
術
術
洋
産
工
業
信
業
業
芸
工
業
学
学
学
大
学
学
学
大
医科系大学
0.6
学
大
学
大
女
学
学
学
学
学
大
学
学
学
学
学
学
学
学
科
学
学
学
学
子
大
大
大
大
育
大
大
大
大
大
大
大
大
歯
大
大
大
大
学
語
大
学
学
学
学
学
大
学
学
学
学
維
学
学
大
学
大
学
学
大
大
学
大
学
学
学
学
学
Univ. without
medical
Univ. with
medical
Regional
Science Humanities Medical Education
large Univ. Col
Col.
Col.
Col.
病院無総合大学
病院有総合大学
教育大学
人文系大学
理工系中心大学
旧帝大等
語
大
科
科
大
大
業
大
大
大
大
繊
大
大
学
学
-0.6
山
大
大
国
大
宮
大
女
の
大
島
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
教
教
学
教
道
教
教
教
教
教
教
医
医
医
医
芸
商
大
外
大
大
外
体
技
技
海
畜
屋
工
通
工
工
工
農
工
大
大
大
屋
大
大
大
道
-0.4
歌
玉
岡
浜
城
都
手
良
茶
球
児
崎
分
本
崎
賀
知
媛
川
島
口
根
取
重
阜
州
梨
井
沢
馬
形
田
前
島
山
戸
潟
葉
阪
知
京
岡
海
都
城
良
越
庫
門
賀
松
京
川
京
樽
島
阪
賀
橋
京
屋
橋
岡
京
広
古
蘭
気
見
州
都
京
京
州
阪
都
古
京
波
北
海
-0.2
和
埼
静
横
茨
宇
岩
奈
お
琉
鹿
宮
大
熊
長
佐
高
愛
香
徳
山
島
鳥
三
岐
信
山
福
金
群
山
秋
弘
広
岡
神
新
千
大
愛
東
福
北
京
宮
奈
上
兵
鳴
滋
浜
東
旭
東
小
福
大
滋
一
東
鹿
豊
長
東
帯
名
室
電
北
九
京
東
東
九
大
京
名
東
筑
東
北
0
増 減 率 (配 分 額 - 決 算 )/ 決 算
4.15 Simulation 5: Teacher 50% + performance 50%
研究経費シミュレーション(50%教員数、50%成果基準)
1
0.8
-0.8
34
0.4
0.2
歌
玉
岡
浜
城
都
手
良
茶
球
児
崎
分
本
崎
賀
知
媛
川
島
口
根
取
重
阜
州
梨
井
沢
馬
形
田
前
島
山
戸
潟
葉
阪
知
京
岡
海
都
城
良
越
庫
門
賀
松
京
川
京
樽
島
阪
賀
橋
京
屋
橋
岡
京
広
古
蘭
気
見
州
都
京
京
州
阪
都
古
京
波
北
海
山
大
大
国
大
宮
大
女
の
大
島
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
大
教
教
学
教
道
教
教
教
教
教
教
医
医
医
医
芸
商
大
外
大
大
外
体
技
技
海
畜
屋
工
通
工
工
工
農
工
大
大
大
屋
大
大
大
道
学
大
学
大
女
学
学
学
学
学
大
学
学
学
学
学
学
学
学
科
学
学
学
学
子
大
大
大
大
育
大
大
大
大
大
大
大
大
歯
大
大
大
大
学
語
大
学
学
学
学
学
大
学
学
学
学
維
学
学
大
学
大
学
学
大
大
学
大
学
学
学
学
学
Univ. without
medical
Univ. with
medical
Regional
Science Humanities Medical Education
large Univ. Col
Col.
Col.
Col.
病院無総合大学
病院有総合大学
教育大学
人文系大学
理工系中心大学
旧帝大等
語
大
科
科
大
大
業
大
大
大
大
繊
大
大
学
学
-0.4
大
学
学
立
学
大
学
子
水
学
大
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
学
育
育
芸
育
教
育
育
育
育
育
育
科
科
科
科
術
科
学
国
学
学
国
育
術
術
洋
産
工
業
信
業
業
芸
工
業
学
学
学
大
学
学
学
大
-0.2
和
埼
静
横
茨
宇
岩
奈
お
琉
鹿
宮
大
熊
長
佐
高
愛
香
徳
山
島
鳥
三
岐
信
山
福
金
群
山
秋
弘
広
岡
神
新
千
大
愛
東
福
北
京
宮
奈
上
兵
鳴
滋
浜
東
旭
東
小
福
大
滋
一
東
鹿
豊
長
東
帯
名
室
電
北
九
京
東
東
九
大
京
名
東
筑
東
北
0
増 減 率 (配 分 額 - 決 算 )/ 決 算
4.16 Simulation 6: Actual 50% + performance 50%
研究経費シミュレーション(50%研究総経費、50%成果基準)
0.8
0.6
医科系大学
-0.6
35
4.17 Correlation coefficients between changes in funding
E-S1
E-S2
E-S3
R-S1
R-S2
R-S3
R-S4
R-S5
R-S6
Edu-Sim1
1.000
Edu-Sim2
0.408 1.000
Edu-Sim3
0.991 0.525 1.000
Res-Sim1
0.040 -0.15
Res-Sim2
-0.04
0.127 -0.02
Res-Sim3
-0.05
0.439 0.168 -0.19
Res-Sim4
-0.13
0.241 -0.09
0.143 0.486 0.438 1.000
Res-Sim5
-0.08
0.095 -0.06
0.674 0.790 0.224 0.828 1.000
Res-Sim6
-0.13
0.241 -0.09
0.143 0.486 0.438 1.000 0.828 1.000
0.015 1.000
0.753 1.000
0.294 1.000
36
4.18 Findings in the simulations
Funding rules make differences for resource allocations,
because they are affected by the characteristics of universities
such as research university or cost of research
(←the current operating grant doesn't take into account it)
①In the case of students, universities except regional large ones get more
②In the case of teachers and doctoral students, science and education in
addition to regional large universities lose money
③In the case of competitive research revenue, only regional large ones win
④In the case of research performance, education, humanities, most science
lose money, but among other types winners and losers coexist
⑤In the case of teachers50%+research performance50%, education,
regional large universities, a half of humanities and science lose money
⑥In the case of actual result50%+research performance50%, education,
humanities, a half of science lose money, among others types, winners
and losers coexist
37
5.1 Conclusions: problems
1. The current rule of operating grant for universities
①The fairness and equity on allocation cannot be verified,
thus the rule is not transparent
②Little incentive for efficiency and quality (in particular
outputs and outcomes cannot be assessed against input)
※For instance, even if universities get more money in relation to the
number of students and teachers, it may be acceptable if their
performances are better than others. However there seems little
evidence to support this
2. The current system of education and research evaluation
focus on processes of each university, rather than outputs
and outcomes which are comparable across universities
38
5.2 Conclusions: agenda for reform
1. If you focus on performances and results, you have to
establish a fair and equitable environment for competition.
In particular, grant for education should be separated from
grant for research, then universities are required to compete
each other to strengthen their strengths
2. First of all, we have to discuss how to measure the quality or
outcomes of education and research, and collect performance
data (stakeholders are required to discuss issues by
comparing performances with cost of services
3. Performance-based funding has not only technical problems
but also side effects. We have to keep its limitation in our
mind. If you want to improve education and research,
you need the comprehensive reform including human
resources management and corporate governance
39
Download
Related flashcards

Management

61 cards

Canadian Hockey League

15 cards

Create Flashcards